膝の痛みの原因

膝の痛み研究所

膝の痛み研究所 > 膝の痛みの原因

膝の痛みの原因

日本人の20%は膝痛!変形性膝関節症とは?

中高年になって膝が痛む原因として最も多い病気が変形性膝関節症。
膝の痛みを自覚していない人も含めると20%の人がこの変形性膝関節症の患者と言われています!
国民病とも言っていい、変形性膝関節症は加齢や肥満、外傷などの原因から膝の関節軟骨がすり減ったり、変形したりすることで起こる、膝の痛みや障害を生ずる病気です。

20%がひざ痛

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症とは、加齢・肥満・外傷などにより、関節の軟骨がすり減り、さらに骨が変形し痛みを生じる病気です。膝の痛みを自覚していない潜在患者も含めると2,530万人といわれています。

変形性膝関節症の病態

原因

注意 一次性

原因がはっきりしない変形性膝関節症

肥満、老化

二次性

病気や外傷が原因で起こる変形性膝関節症

骨折、関節炎

変形性膝関節症になりやすい人

東京大学の研究グループは、骨関節疾患の予防を目的に、2005 年から世界最大規模の調査プロジェクト(ROADプロジェクト)を行なっています。プロジェクトでは、3,040人を対象に、変形性膝関節症などの高齢者の運動器障害の実態調査が行われました※。
その結果、X 線で診断される変形性膝関節症の有病率は、男性 42.0%、女性 61.5%と女性に多く、年齢ととともに高まることが明らかにされました。

※吉村典子:CLINICAL CALCIUM 2009: 19(11); 1572-1577.

変形性膝関節症の有病率

変形性膝関節症の「年齢リスク」とは?

株式会社エバーライフでは、レセプトデータ※の解析にもとづき、変形性膝関節症の発症リスクが加齢とともに上昇し、 特に男性は62歳あたり、女性は40歳および62歳のあたりに発症率の高まるポイントがあることがわかりました。このポイントを「年齢リスク」と呼んでいます。レセプトデータ※は医療機関で「変形性膝関節症」の診断や治療を受けた際に発生しますので、これは潜在患者が顕在化しやすい年齢とも捉えられます。なので、実際は年齢リスクより前に変形性膝関節症にかかっている可能性が高いといえるでしょう。症状が表に出てくる前の、早めの予防が必要です。

※入院、外来、調剤の診療報酬明細書

変形性膝関節症の発症リスク

年齢に負けないために、ヒアルロン酸を産み出すiHA

変形性膝関節症の悪化

変形性膝関節症が悪化すると、下肢全体の骨の変形を引き起こします。さらに、膝の骨の変形に伴い、社会生活が困難になるほどの膝の違和感や鈍い痛みが続くようになります。すり減るだけの軟骨も存在しないので、膝に水がたまったり、腫れたりすることはほとんどなくなりますが、痛みが続くため外出がおっくうになり、気分も落ち込みがちになりやすい状態を招きます。

変形性膝関節症の悪化

症状の進行

変形性膝関節症は骨の表面を覆う関節軟骨や半月板が歳をとるにしたがって、徐々にすり減り、痛みや腫れなどの症状を招くものです。何年もかけて徐々に進行していきます。進行度は一般的に3段階に分けられています。

変形性膝関節症の症状は何年もかけて徐々に進行していくのが特徴です。

正常な軟骨 軟骨がなくなる 骨がむき出し

正常
正常であれば、膝の腫れ・変形はなく、動かした時の膝の痛みもありません。
初期
動かした時にこわばり・可動域の狭まりを感じ、膝が痛みます。
中期
痛みの程度が悪化します。膝の腫れ・変形、歩くときに関節がきしむような音がします。
末期
全ての症状が悪化します。普通の動作も困難になり、精神的にも苦痛を感じます。

しかし!
特定のコラーゲンを取ることで
軟骨は破壊を抑制し、再生を促進しています!

軟骨を治すためには特定のコラーゲンを摂ると良いです。

一般的に食事などから摂るコラーゲンは、消化器で細かく分解されてしまい、そのわずかな量が体に必要なコラーゲンの材料として利用されます。
しかし、UC-Ⅱ®(非変性Ⅱ型コラーゲン)は、分解されずにほぼそのままの形で小腸で作用します。
その結果として、効率良く体で作用するコラーゲンとなっています。

軟骨の再生を促進するコラーゲンについて詳しく知る

これにより、膝軟骨のクッション機能が復活!

さらに、膝を守るのがヒアルロン酸です。

痛みを軽減するのは潤滑油となるヒアルロン酸です。

膝関節をみたしている関節液にはヒアルロン酸が含まれており、関節の動きを滑らかにし、緩衝剤の役目を担っています。ヒアルロン酸は軟骨の構成成分のうち主要成分であり、関節包のクッション成分のため、変形性膝関節症の治療の鍵はヒアルロン酸が握っていると言われています。

膝を守るヒアルロン酸が減少すると・・・

体内に存在するヒアルロン酸は、年齢とともにどんどん減少していきます。40代ではなんと20代の半分以下になってしまうのです。体内のヒアルロン酸が減少すると関節中のヒアルロン酸も減少し、クッションの機能を果たさなくなってきます。そのため、関節がすり減り、膝の痛みの原因となってしまうのです。

傷みを軽減するためには

膝関節へのヒアルロン酸注入による治療

膝関節の中に直接ヒアルロン酸を補うヒアルロン酸注射は、軟骨細胞の増殖を促したり、炎症を抑えるなどの効果があると考えられています。その結果、関節の動きが改善され、膝の痛みなどが軽減されます。

注射によりヒアルロン酸を補う

膝の痛みには...
  • 補う方法(ヒアルロン酸)

    ヒアルロン酸は膝の痛みに効果があるといわれている「グルコサミン」と「コンドロイチン」のリーダー的存在と言われています。
    ヒアルロン酸は膝関節内で潤滑油のような働きをする関節液などに多く存在し、滑らかさや弾力性を保つ役割を果たす成分です。

    もっと詳しく
  • 抑える方法(5loxin)

    5-LOXINとは、インドの主に乾燥した山岳部に自生するカンラン科の落葉高木「インド乳香樹」、別名ボスウェリアセラータの樹脂から抽出した100%天然の成分です。
    注目すべき働きは、炎症の元を作り出す酵素の活性を抑制し、炎症の発生を防ぐことです。

    もっと詳しく
  • 産み出す方法(iHA)

    iHAとは、たまごの黄身から抽出、精製を重ねつくりだされた新しい成分で、卵黄ペプチドの一種です。
    iHAを摂取することで、「ヒアルロン酸を体内で産み出す力をサポートします。
    iHAは、ヒアルロン酸を産み出す力を持っています。

    もっと詳しく
  • 守る方法(UC-Ⅱ®)

    UC-Ⅱ®とは、米国農務省の基準に基づいた安全な場所で飼育された鶏の胸部軟骨から、特許製法で抽出された成分です。有効性・安全性が確認された、健康素材となっています。UC-Ⅱ®は、関節軟骨の再生を助け、破壊の抑制に働きかける成分です。

    もっと詳しく

4つの力、いずれも大切です!

膝の痛み研究所
 膝の痛みは膝関節の軟骨がすり減ることで発生します。
 加齢によるヒアルロン酸の減少が、膝の痛みにつながります。
 ひざ痛に効果的な成分「ヒアルロン酸」「グルコサミン」「コンドロイチン」
 そして「iHA」「5-LOXIN」「UC-Ⅱ®(非変性Ⅱ型コラーゲン)」などの新成分。
 膝の痛み予防に、無理なく続けられるロコトレをご紹介。

会社概要

会社名 株式会社エバーライフ
資本金 41億37百万円
設立 平成2年1月
所在地 本社:福岡市中央区天神2-5-55
アーバンネット天神ビル
TEL:092-712-1311 FAX:092-735-1311
URL:http://www.everlife.jp/
従業員数 371名(2018年12月末時点)
役員 代表取締役   金 炳烈
取締役社長   中嶋 章義
取締役     李 炯錫
取締役     尹 榮錫
取締役     張 眞鎬
取締役     徳永 義尚
監査役     金 洪基
主な事業内容 健康食品・医薬部外品の卸売・通信販売事業
子会社 株式会社エバーライフ・エージェンシー
資本金/10百万円 出資割合/100%
主な事業内容/広告代理店事業

永健美股份有限公司(台湾)
資本金/50百万新台湾ドル 出資割合/100%
主な事業内容/健康食品の販売事業
主要商品 鶏冠抽出物加工食品『皇潤』
深海鮫生肝油加工食品『鮫肝海王(ポセイドン)』
美容サプリメント&ドリンク『美・皇潤』
大麦若葉加工食品『エバーライフのおいしい青汁〈新鮮搾り〉』
主な取引銀行 みずほ銀行福岡支店
りそな銀行福岡支店
福岡銀行本店営業部
動画を見る
Adobe Flash Player を取得